レア リモージュ すずらんのティートリオ

販売価格 0円(内税)

SOLD OUT
レアなリモージュのすずらん柄のティートリオです。

素地はフランスの磁器メーカーPILLIVUYT(ピリヴィッツ)制作、絵付けはリモージュの名窯ジャンプーヤによるもので、絵柄と色付けは全て手彩で施されています。

背景の澄んだグリーンのお色が大変美しく、すずらんの絵柄が浮かび上がるように描かれています。
縁にはゴールドのアラベスク模様とフルールドリスがプリントされ繊細で上品なデザインです。

よく観察いたしますと金彩が赤褐色に変化した部分が若干見られますが、コンディションや美観を損ねてしまうほどのものではありません。
プレート表側の中心が少し波打っており浅く窪んでおりますが、光の当たり方で見えたり見えなかったりです。
裏側には小さな黒点と釉薬が固まって盛り上がった部分が1カ所ずつあります。(最後の画像の矢印部分をご覧ください)
ソーサー内側のゴールドの輪の下の部分が画像ですと薄くなっているように見えますが、光の反射でその様に写ってしまいました。実物は金彩の擦れなど無くきれいに残っておりお色も均一です。

ヒビ、カケ、割れ、貫入、リペア跡、汚れなどは無く100年以上前のアンティークのお品として大変きれいで良いコンディションです。
使用感もほぼ感じられず艶々とした美品です。

フランスのお品らしいエレガントで洗練されたデザインをお楽しみいただけるティートリオです。

【サイズ】 
カップ:口径 約9.7cm 高さ 約4.5
ソーサー:直径 約13.4cm
プレート:直径 約18.2cm

【メーカーと年代】
素地の焼成・・・ピリヴィッツ/PILLIVUYT 1879年〜1888年頃
※ピリヴィッツは1855年、1867年、1878年、1889年にパリ万博で金賞受賞歴のある現存する老舗磁器メーカーで、かつてはエジプトやオランダの宮廷で使用されていました。

絵付け・・・リモージュ ジャンプーヤ(プイヤ製陶所)/Limoges Jean Pouyat 1890年〜1902年頃
※フランス中部の都市リモージュで1835年に設立された製陶所で現在は閉鎖されています。
リモージュに複数あった製陶所の中でも名窯と評され、高品質で美しい作品を生み出しました。

Your recent history

About the owner

owner

日々の出来事やアンティークの事、商品について綴っています♡

Blog